旅に行くなら?

Twitter

アフィリエイト

  • ★スヌーピーグッズを楽天で探しちゃおう★

amazon

トラックバックピープル


映画・テレビ

2013.05.19

「図書館戦争」を見てきた

今週末は、恒例の静岡ホビーショーで旦那が出かけてしまったので、ひとりと黒猫さんずという構成で過ごしていた。以前と違って、業者日ではなく一般日メインになったので、1週間コースで静岡滞在ではなくなった。

まあ、それはさておき。

土曜に作業をまとめてやって、日曜はなるべくオフにすることにした。黒猫さんも午前中暑かったからか早めに戻ってきたので、さっくりとオンラインでチケットとって、熊谷駅の映画館へバスでお出かけ。

少し早めにつくことができたので、秩父鉄道改札前の熊谷うどんの店でさっくりランチ。

それからJR側に戻り、連絡通路経由でシネコンへ行き、原作がとても大好きな「図書館戦争」を見に行ってきた。

いやー、カップルが意外といたよw
内容は、ほんと原作の「図書館戦争」だった。
実写映画で見ると、メカや戦闘シーンが視覚化されて、逆に本と表現の自由を巡る戦いが重たい。

そして、なんといっても、キャスティングがいい。イメージにすんごい合っているというか、堂上と笠原もそーだけど、ほかのキャラもみんな合っている。

堂上や、玄田隊長、小牧に惚れ直しそうだよ。

設定変更されている点は、稲峰さんは日野の悲劇でなくなり、遺志をついだ日野の副館長が総司令であるという
こと。でも、稲峰さんは写真で出てくる。その写真は、もちろん故人となったあの俳優さん!

是非、他の3冊も同じキャストとスタッフで作ってほしいなと思った。

で、久々に原作本を引っ張り出してきて、今、横に積んでいるところw

2012.11.18

えばげのQ!を見てきた

金曜にテレビでエヴァの映画版をやっていた。最後に新作の冒頭部分が流れていた。

ふーん、エヴァQか。

そのあとはもう♪エヴァゲのQ♪とか、♪くえっしょーんくえっしょーんぼくエヴァQ♪とかいう曲がぐるぐる。

いで吉さんはTwitterで何人かのプロ作家さんや作品内で仕事している知り合いなどがTL上にいるらしく、なかなか大変なことにw

まー、そんなわけで、見に行こうとなったわけで、先にチケット予約して、いつものワーナーマイカルへ。

駐車場には、とあるなんたらの・・・の痛車w

上映スクリーンは、多分このシネコン最大。そして、そこが満席。
ちょっと早めに開場して、席に着くと、売店から開演前場内出張販売登場。しかもオーダーとって、席までデリバリーも対応。やる気だ!
場内販売に「綾波コスプレ(制服仕様)のおねーさん」投入するくらいやる気な売店www
(でも、恥ずかしいのかマスクしていた・・・)

確かに昨日、今日が稼ぎ時だもんなー。

で、CMのあとに、「巨神兵、東京に現わる」を上映し、その後エヴァQ本編。

「巨神兵、東京に現わる」は、特撮博物館で“上映展示”していた作品の劇場版。
確かにこれを流してから、今回のエヴァを見せるのはいいかもしれない。オマージュ的なものが見られるし。

エヴァ本編は、これから見る人もいるだろうからあまり書かないでおく。

なんつーか、庵野監督がそんとき何に興味持っていたか、強い関心を抱いていたかがとてもよくわかる。たとえば、この辺、特撮博物館やってたでしょおとかw

いろんな意味で、とても庵野監督っぽい作品かなと思うよ。うんwww

2012.10.21

アイアンスカイを見てきた

今週は低体温症が出たり体調が悪かったわけだけど、金曜は仕事帰りに映画を見てきた。
「アイアン・スカイ」というフィンランド/ドイツ/オーストラリアの合作映画。基本はフィンランドの人が思いついて、ファンド形式で作られたという「バカSF映画」。←褒め言葉

フィンランド映画祭のオープニングになると聞いた瞬間から見たくて見たくてたまんなかったのを、やっと見に行ってきたのだ。

月の裏側にナチが一大コミュニティを作っていただけでなく、アダムスキー型円盤で攻めてくるだけでも十分おかしいんだが、ストーリーに織り込まれている社会風刺のてんこ盛り、シュミ悪すぎのメカ、設定、どこをとってもバカすぎて、もうウケまくり。SFパロもてんこ盛り。

ヒロインのレナーテちゃんは、ひたすらかわいいw

ストーリーはネタバレしまくりのWikiとか見ると書いてあるけど、やっぱ映像で見ないとあの面白さはわからんと思う。ブラックジョークが大好きな人にはお勧めかな。
いで吉さんはとても喜んでいたようだw

いやー、フィンランドすげーよw レニグラとムーミンとカウリスマキ兄弟の国は違うw

2010.02.27

シンケンジャーVSゴーオンジャーの映画を観てきた

熊谷で遅れて先週より上映開始した春の戦隊祭「シンケンジャーVSゴーオンジャー」を観に行ってきた。

・・・何か映画観てきたというと、特撮ヒーローものばかりなのは、気にしないことw

カラーの違う2つの戦隊ヒーローの競演。
衝突あり、相互理解あり、共同戦線あり。豪華な変身シーン。総勢13名の名乗りあげ。
しかも、黒子さんたち、気が効きすぎというか、準備よくゴーオンジャー分も出陣幕用意してくるし。

あっという間に手を組む悪。やる気が無いガイアークトリオもなかなかw

本編ではほとんど見ることがなかったゴーオンジャーのアナザーワールドも面白かったですな。
エンディングまでお祭りに相応しい楽しい作品でしたん。

来年の春は、侍と天使か・・・これまたかけ離れた世界だな。。。

2009.12.26

ライダー映画見てきた。

上映中の「仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010」を見てきた。

3部構成で、ディケイド完結編→Wビギンズナイト→MOVIE大戦という構成。

ディケイドは・・・えーと。伏線が収束していないというか、結局そ~なるんかい感が溢れてる。

で、気になるのが。

結局、鳴滝ってナニモンだったんかいっ?(ショッカーになってまで・・・というから、そもそもショッカーじゃないだろうし)
第3部でも、「おのれ、ディケイド・・・」とやってほしかったでつ。

Wは、おやっさん、かっこいいな。あれは、おやっさんを堪能する映画だ。
吉川があんなに渋くなっているとは・・・!
もっとじっくりストーリーを見たかったかも。

最後の融合ストーリーは個人的には微妙だったんだけど、どーなんだろう?

それにしてもガンバライドカード、まだ残っていたか。。。2枚ももらったけどどーしたらよいやら。

2009.12.20

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEを見てきた。

この冬は特撮映画の公開が多い。てわけで、まずはと・・・「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」を見に行ってきた。
基本的には、大怪獣バトルのTVシリーズの続編にあたるもの。なので、このTVシリーズを知らないとかなり違和感があるんじゃないかなーという気がする。。。

カンタンにいうと、怪獣使いがいる「ウルトラファイト」で、その怪獣使いの成長物語なんすけど、もともとがアミューズメント系のカードバトルベースにしているのでそれもあって必ずカードスローしているw

ストーリー触れずに思ったこと書くと、怪獣もウルトラマンも何かやったら身が軽い。香港のカンフーアクション映画並みに軽くてびっくり。主人公のレイが操るゴモラなんて、回転技使うし。。。
ウルトラの星は何かとてもクリスタル。みんな超人になってしまった理由も、そーですか、そんなことがあったんですか状態。

最後は、怪獣無双だったんすけど<を

その他、セブンの息子という新キャラあり。各シリーズの中の人も声、実物で登場。あと、コイズミの演説あり・・・と盛り沢山な感じだったけど、ウルトラマンとしても大怪獣バトルとしても何かどっから突っ込んだらいいかと中途半端な感じがするのだった。

2009.08.30

映画三昧な週末

いで吉さんのお仕事がひと段落、私は1週間の疲れが蓄積してへろへろな状態なので、土曜はのんびりとしていた。

朝イチで野菜直売所へ行った後は、ちょっと一休み。その後、ランチと買い物がてら市役所の隣で不在者投票へ行く。買い物は、歩いていける地元のちっこいデパートのデパ地下とスーパーで済ます。

家でごろごろんとしたり、録画したレスキューファイヤー見たあとは、アンチョビにソーセージとチーズ、枝豆、とうもろこしでワイン。

デパ地下で「チーズと合う」とか書いてあったワイン。チーズと一緒に食べると絶妙!!価格と一緒に掲示してあった各商品の解説もわかりやすいし、あそこは今後も定期チェックだねと話す。

ワインを楽しみながら見たのは、先日TVで放映した「20世紀少年」の第1部と第2部。
面白いけど、いろんな意味で「怖い」作品だ。
いで吉さんは第2部を見る前に寝ていたので、予習を完遂したのは私だけw
さて、いつ劇場へ行こう?

日曜は起きられたので、ちゃんばらじゃーとライダーをリアルタイムチェック。
ちゃんばらじゃーは年少組メインだけど、馬鹿ネタ系。面白すぎ。(特に寿司屋)
ライダーは・・・今日最終回だったはずだが・・・あ、あれは・・・。
TV版が冬の映画版への壮大な前ふりだったとは思ってなかったよ(汗
来週からは、「ライダーバ■ム1」でつ。

で、その勢いでそのままシネコンで、ライダーと戦隊の映画を見に行く。
戦隊は、テンポもよく、面白い。いやー、時代劇の東映。さすがだ。しかも、なんでそんな礼儀正しく毎日毎日合戦してますか・・・。やっぱレッツ武士道だからか?
ライダーは、前半は、リアルガンバライドやってたり、ちょっとかったるいストーリー。だけど、それは後半の盛り上がりは凄い。ライダー勢揃いを楽しむためのものだからそれでよし。

今年は、どちらも評判違わず、面白かったんでよかったかなと。

お昼寝して、今、起きたところなので、夕飯はどーするんだろーとこれから暢気の悩むところでつ。
明日は、台風だからちょっといやだなー。(新幹線出社日なんだよな)

2009.06.29

バ■ム・1かと思った>新・仮面ライダー

そいや発表って今日だったんだなーと思い出してみた。

新・仮面ライダーは“2人で1人”の「仮面ライダーW」(ORICON)

ダブル主演の2人が演じる探偵が、1人のライダー・仮面ライダーWに変身し、謎の組織と戦うという“平成~”としては初の試みとなるストーリーが展開。

2人で1人に変身といったら、「バ■ム・1」でせう。
つか、記事タイトルだけ見たとき、私は素で「バ■ム・1」かと思ってしまったよ。あれは友情エネルギーだけど、ライダーはどんな力で変身するんだろう?

そして、今、「バ■ム・1」だと伏字になってないことに気付いた。

2009.06.21

スタトレの映画

6月末までのワーナーマイカルのチケットもあるし・・・と、スタートレックの映画版を見に行く。
夜19時頃までの1回だけ。しかもお客さん、うち入れて3組というかなり贅沢な状態。

ストーリー的には、過去が変わってしまった世界での、アイオワの悪ガキ、ジム・カークがいつもの人たちと出会い、紆余曲折があってエンタープライズの艦長となるまでってヤツ。

過去が変わろうとなんだろーと、カークの女たらし、無鉄砲、ケンカ好き、卑怯モンぶりはそのまま。
他のメンバーも馴染みのキャラ設定。ただ、みんな新兵なんで若いw

マニアならクスクスしちゃうネタがてんこ盛りなんだけど、友情や理解やらのドラマ、バトルシーンと見所が結構あってそれなりに面白かったでつよっと。

スタトレ知らなくても面白いとかいうけど、これはやっぱりスタトレ好きな人向けでしょー。

2009.05.05

超電王&ディケイド を見に行った

日曜のディケイドが、電王編の後編で最後が何か繋がりそうな話。そいや、映画と連携するって話だったな・・・ということで、早速見に行く。

いつものワーナーマイカルはチケット買ったときはそうでもなかったけど、フードコードで軽食とって戻ってみると激混み。ドリンクカウンターも近付けない状態。

てのはおいといて。

いつもの動きが怪しすぎて困る「NO MORE 映画泥棒」のCFに突っ込みを入れてると本編スタート。

良太郎は小太郎君。
ストーリーはカンタンに言うと、鬼退治。光写真館も時代を超えたり、デンライナーの中にできたり、キバの3バカが出てきたり。オニだます手法がひどかったり、戦艦と電車が戦ったり・・・。
4イマジンはばかだし、デネブ相変わらずだし、鳥は困ったもんだし。
いずれにせよ、電王らしい「バカ」映画でしたん。かなり楽しみましたん。

シリーズ化するんですかねー。

我が家的には、最後の夏の映画予告で盛り上がり。

「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー」!!

平成ライダーだけでなく、昭和ライダーも登場。
それよりも、大ショッカー!!

ディケイドの旅はこれで〆るのか・・・どんな映画になるのか、夏が楽しみでつ。

より以前の記事一覧

フォト

安心毛布倶楽部

無料ブログはココログ

snoopy.co.jp

  • SNOOPY.co.jp