旅に行くなら?

Twitter

アフィリエイト

  • ★スヌーピーグッズを楽天で探しちゃおう★

amazon

トラックバックピープル


音楽

2014.03.23

そうそう、タケさんのLiveにも行っていた

先週の話になるんだけど、3/16はタケさんの僕ソンに行ってきた。
前回までの会場だったアムラックスが閉館になってしまったので、今回は会場が変更になり、銀座のライブハウスでの開催で、チケ代に1ドリンクが入るシステムになっていた。

ライブハウスの営業時間外に貸切みたいな扱いで開催したらしく、ライブハウスの店のイベント案内にも掲載なしという何か不思議な感じ(笑)

席は、ステージをコの字に囲むような感じで、テーブル席やカウンター席が配置されていた。事務所直売は、指定席、プレイガイドで買うと自由席というシステムで、今回は自由席だったので、自由席エリアの中でもタケさんが真横に見える席にしてみた。

いつも通りのゆるい雰囲気でトークと歌で楽しい雰囲気。
前半のカバーズパートは、洋楽もお馴染みの曲ばかり。エルトン・ジョンの「Your Song」、サイモン&ガーファンクルの「Sound of Silence」は大好きな曲だし、ジャクソン5の「ABC」は通しで聞いたのは初めてだったのでとても新鮮。「New York City Serenade 」も名曲だし、何故か「Have You Never Been Mellow」を聞くと、インスタントコーヒーが浮かんで来たり。

後半の邦楽パートは、いきなり「どんな時も」で始まるのだけど、私的には、「愛のメモリー」はさておき、メルマガでもネタバレされてわくわくしていたのは、TV版の「銀河鉄道999」www
いやはや、もう何か不思議だけど、よかったですよwww
陽水の「少年時代」、そして、ちあきなおみの名曲「喝采」。ところが、タケさん、この曲のイントロを聞くと別の曲が浮かぶとかいって、歌いだしたのが「県立地球防衛軍イメージアルバム」の「元旦が来た」。
不完全ながらも久々に聞き、俺得状態www

休憩をはさんで、後半戦は「中国后醍醐」。このアルバム、天津公演だけあって、中国語のMCがあったり、通訳の人が入ったりするんだけど・・・。

なんと、まさかのMCまで完全再現(爆)

通訳パートは、何とサポートキーボードの舟山君が担当。そして、それが絶妙にうまい。何この人(爆)

ビューティフルネームは、ライブと同様にサビの部分を観客が中国語で合唱(爆)
ええ、観客ももちろん手伝うんです。完全再現だから!

爆笑と感動のうちに終了し、アンコールで軽くトーク。
これは完全再現した方がいいなと思ったら、舟山君からも同提案が来たとか、何故か舟山君、中学生位のときに、このアルバムの中国語パートだけ抜き出して、どれだけうまくやるかというのを友達と競っていたとかで、自ら通訳のパートをかってでたとか。(舟山君、子供時代にタイ在住だった時期があり、タイ語の5声になれていたので、中国語の4声も大丈夫だったらしい)
このライブのテレビを見ていたと言う舟山君。「アルバム未収録もやりましょう!」

ということで、アンコールは、「Celebration」の前に、「LeidiLaidi」と「Silk&Spice」を演奏。

とてもとても楽しいLIVEでよかったですよ。LIVE CD出るのが楽しみだなぁ。
次はソロアルバムの「白い街角」。暫く聞いてないから復習しないとな。

などとるんたったライブ会場から有楽町駅に向かって歩いていると、仲良さそうな老夫婦が歩きながら、「有楽町で逢いましょう」を口ずさんでいたのだった。

2014.03.03

ゴダイゴin新歌舞伎座弾丸旅行

3月入って最初にやったのは、ゴダイゴ見に弾丸旅行という・・・。

新歌舞伎座という会場が面白かったので、うっかりとってしまったゴダイゴの大阪コンサート。
行きは、ぷらっとこだまでのんびりグリーン車で旅、帰りは高速バス。滞在時間5~6時間のうち、2.5~3時間はコンサートという何してんですか状態www

東京駅で迷ったりいろいろあって、ホーム着いたのがぎりぎりで、ぷらっとこだまについていたドリンククーポンで飲み物ゲットするだけで精一杯。べんとー買いそびれたので、のんびり昼寝してついてから食事することになった。
ていうか、こだまで車内販売ないのって初めてしりましたよ orz
次回から気を付けよう・・・。

そんなわけで、新大阪ついてからまずは駅構内で食事。
いで吉さんもおすすめのビーフカレー。美味しかったでつよ。関西って基本的にビーフカレーよね。
Img_2106_480x640

お腹落ち着いたところで、会場に移動。
開場前の結構いい時間。しっかし、サブちゃんやら暴れん坊将軍やら川中美幸やらのポスターが大々的に貼られている中で、ゴダイゴ・・・。すんごい不思議というか、浮いている感がただならないwww

Img_2107_480x640


Img_2108_480x640

中は新歌舞伎座らしく、椅子もいい感じ。そして、2階席とかに提灯がずらーっと並んでいる。ステージ見ると、ロックバンドの機材。変だろ、やっぱり・・・。

ライブは、日比谷、北とぴあと同じ、今回の定番セットリストで進行。会場がいいのもあるけど、ちゃんと聞きやすくバランスよく調整されていてよかった。

コンサート始まって早々、タケさんが転びそうになったり・・・。
(ご本人も転んで頭うたなくてよかったとしみじみ)
ビューティフルネームでは、何故か進行を勘違いしたミッキーが演奏することを忘れそうになったり・・・。
結婚式1つやってから駆け付ける牧師さんとか。

相変わらずいろいろあるライブ。新歌舞伎座スペシャルは、1つは手形付きサイン色紙の限定販売。こちらはステージ中のトークコーナーで抽選会。

もう1つは、アンコールで起きた。客席から無作為に10人選び、ステージに呼び寄せ、蜘蛛の糸キットを渡し・・・。
タケさんと一緒に、モンキーマジックに乗って、蜘蛛の糸投げをするというもの。
歌舞伎座と言えば、これでしょwとはいうものの、ギターソロ以降から始め、11人の蜘蛛の糸投げは、壮観というか爆笑もんでしたwww
(アンコール1曲目もモンキーマジックなので、モンキーマジックは1.5回演奏したことになるw)
〆は、セレブレーション。

今回はイベントあったからいいけど、セットリストが完全に同じだと、今日はここが!というのがないのはちょっとつまらないかなーと。少しパターン増やしてくれたらいいんだけど。
(曲はいっぱいあるんだからwww)

で、コンサート終わったら、バス乗り場のあるなんばへ移動。集合場所へ行く前に食事を!ということで、たこ焼きを食べる。衣に味がついているので、何もつけず食べられるタイプのもの。うまうま。

Img_2110_640x481

バスは、比較的安いと言われている路線高速バスの3列シートタイプ。
集合場所は、ラウンジみたいな感じになっていて、ちょっと休憩ができるようになっている。そこで、チェックインして一休み。

バスのシートは窓際で、毛布もふかふかでいい感じで暖かい上に、リクライニングシートも思ったよりは悪くない感じ。
てわけで、最初の休憩場所のSAまでは頑張って起きてて、そこでお土産をちょこっと仕入れて、その後は車内が暗いのもあり、結構寝られた感じ。(途中喉が渇いて、水飲むために起きたけど)
到着もいつも使っている沿線沿いなのも助かるし、まあ、できればのんびり行きたいけど、どうしてもというときには悪くないかなーとは思ったかな。

で、家に帰ってきた今日はのんびりと過ごしているわけでつ・・・。

2014.02.02

ゴダイゴいったり、まったりしたり

先週はちょーっとモチベーションが落ちることがあり、んーという感じのまま、週末突入。
FBを眺めていたら、ISP時代お世話になった人事のおねーさんが退職するというのを知った次第。先月は同じ部の人が寿で辞めているし、当たり前だけどどんどん知らない会社になっていくんだなぁと思ってみたりする。

いで吉さんはまだ仕事のゲラが来る状況なので、ほとんど毎日仕事をしている状態がまだ続いている。

それでも図書館行く位の時間はあるわけで。

ということで、近所の図書館から本を借りて返したりするのだが、いざ探そうと思うと、本のタイトル忘れていたりするので、最初から予約で集めておいてもらった方がいいかもしれない?とかほんのり思っていたりする。今回借りてきた本が終わったら、予約大会をしよう・・・。

今日は午後から王子まで行って、ゴダイゴ見てきた。
前売り券完売~で、会場の中の客層はいつものマニアさん以外の観客も多い感じ。早めのスタートだからかもしれないけど、お子さん連れやおじーちゃん、おばーちゃんもいるというちょっと不思議な感じだった。

編成は、メンバー+竹越くん。で、ホーンズなし。これはこれでいい。

セットリストは、2013年10月の日比谷野音での演奏曲から日比谷野音の記念ソングやWave Goodbyeを抜き、トミーのソロコーナーの曲を変えたもの。今回のライブはずっとこのセットなのかしらん?とか気になるところ。

確かにM.O.R.→ミラージュ→サラダガールという流れはノリもいいし、その後もゴダイゴのいろんなパターンが楽しめるし、後半はお待たせしましたのヒット曲集と考えると、久々にライブに来た人、初めて来た人も楽しめていいのかもしれないなぁと思ってみたり。
近くの席にいた「ゴダイゴのライブは初めて!」(ソースは恒例の会場内拍手アンケート)の母娘のお母さんは、とても楽しそうにのっていたのでよかったなとほのぼのしたwww 最後は立って踊ってたし・・・。

トークはぐたぐた。(地元にある中学出身の浅野さんはステージ終わった後、同窓会なんだそうだw)
それは味わいとしてw、最初数曲のPAのバランスがよくなくて、タケのボーカルが聞きづらかったのが残念だったかな。

Img_2066_480x640

さて、次は来月の大阪!どうやって行こうかな・・・。

2013.11.18

美容院~タケさんのライブ

この週末は、いで吉さんが静岡取材なので黒猫さんずと1人と2匹暮らし。
今日は、少しがんばって早起きし、黒猫さんずとちゃらおにご飯を出して、約束通り黒猫さんが散歩から早く帰ってきたところで、お出かけ。

ライブは、15時だけど、最近ばたばたしていたりいろいろあって行けてなかった美容院にライブ前へ行ってしまおうというプラン。(いつも行っている美容院は予約なしなので、こういう気まぐれな感じになってしまうんだな)

ということで、開店から30分後位に美容院到着。長いときは1時間以上待つんだけど、今日は珍しく待ちなしで入れた。数か月ぶりに来たら、結構知らないスタッフさんいるなー。珍しく携帯のメルマガが見つけられたので、クーポンも使うことができた一方、トリートメントとかしちゃったので、結局いつもと同じような金額になってしまった(汗)

ランチは池袋まで戻って、PARCOでパエリアランチ。
Img_1914_480x640

その後、少しウインドウショッピングして、ライブ会場のアムラックスへ。
12月で閉館することもあり、1Fは懐かしい車が展示されていた。23年間だそうですよ。ちょうど私の大学4年位の時にオープンしたっぽい。長かったよな。
Img_1917_640x480

そのあとは、ホールへ行き、開場前の物販コーナーで次回ライブのチケットを予約っと。次は、年末スペシャルなので、去年のクリスマスライブをした浦和で開催らしい。
アムラックスでやっていたこのライブシリーズは、閉館にともなってどこで開催するのかな。あまり遠くないといいけど。

などと思いながら、アムラックスのおねーさんの恒例の車拭きパフォーマンスの見納めをしながら待つw

開場して、開始前アナウンス。おや?いつもの録音っぽさがない・・・と思ったら、タケさんの生アナウンスw 朝、足釣ったんですかwww

セットリストは、ちゃんとした人の所を見てもらうとして、ここではいつものようにだらだらと感想w

前半はいろんな人の曲を歌うカヴァーズ、15分休憩、後半はMagic Capsule 歌いっぱなしPart2という構成。
カヴァーズは洋楽は聞けばわかるメジャー曲ばかり。
夢のカリフォルニアとか、「ビューティフルとつくなら、みんなにも歌ってもらわないと」というさびかけあいつきの「ビューティフルサンデー」とか、ディスコミュージックの定番「君の瞳に恋してる」(でもほんとは違う)とかなかなか充実。「ラストクリスマス」もよかったっす。

邦楽は、ご自身がリアルに知っている人の曲でエピソード付。・・・で、いきなり「また逢う日まで」とか「きみの朝」とか・・・w 「メリージェーン」はつのだ☆ひろさんよりもお兄さんたちの話の方が盛り上がった気が?w
そして、「ソリチュード」を久々に聞いた。いい曲だよなー。

前半最大のハプニングは、キーボードの舟山君の「ごめんなさい。やりなおします」だろうなw あと、つのだ☆ひろさんの話をしているときに、何故か謎のハウリングもあったけど、やっぱり「やりなおします」でしょうw
(無駄な高学歴もヒットw)

休憩終了前のアナウンスもタケさんの生アナウンスwww

後半は、ライブアルバム「Magic Capsule」のDisc2を歌いっぱなし。いやーん、メジャー曲ばっかりなのよ。そして、オープニングは、「Birth of Odyssey ~ Monkey Magic」なわけですが・・・。

こんなにドキドキ応援しながら聞いたBirth of Odysseyはなかったかもw
もうキーボード1つで弾いているので、みんな心の中で応援している雰囲気が漂う。タケさんも見守る。そして。Monkey Magicの間奏も同様にみんな見守る。私の席からはキーボードの方を向いたタケさんの背中が見える感じだったんだけど・・・どう見ても見守っている雰囲気w

無事弾ききったので、ほっとしましたん。ビューティフルネームはもちろん歌いましたよ。はい。

いやいや、よくアレンジも演奏もがんばりましたん。第2部はとても聞きごたえがありましたん。
アンコールが「Apple Candy」というのも意外でよかったですねー。

また来年もやってほしいんだけど、アムラックスなくなるんだよな。。。

Img_1918_480x640


2013.10.13

ゴダイゴ 日比谷野音に行ってきたw

土曜日は、ゴダイゴの日比谷野音。セットリストなどはそういうのを紹介しているサイトなどを見てもらうことにして、感想をちょこちょこ。

ゴダイゴの野外ライブというと、雨なんだけど、今回はしっかりと晴れてくれてよかった。
いろいろと用事を済ませてからだったので、野音についたのは開演ぎりぎり。物販でほしいもの(還暦記念タオル第3弾)があったので並んで買ってきたんだけど、あれは要領悪すぎ。
開場前から物販コーナーは開けておけばよかったんだじゃないかなーとか思った。

席は、ど真ん中~。前過ぎず後ろ過ぎず、ステージもよく見えていい席だった。音もバランスよく聞こえたし。

オープニングは、イントロ~M.O.R.、ミラージュのテーマ、サラダガールと3曲連続。えーと、これは、今回は超やる気ですね?ということで、最初からスタンディング!

いつもの「こんばんは!ごだいごでーす!」の後は、Water Margin , Havoc in Heaven, We're Heading out West To India , Holy and Bright というエスニック路線(笑) 月夜の空の下で聞くHoly and Bright はとてもいい。

中休み的な椅子に座ってトークコーナーもすっかり恒例化。もちろん野音でも物販宣伝トーク炸裂(笑)
ビューティフルネーム応援うちわは、浅野さん自ら会場に搬入・・・ってどうしてそうなった(笑
何とかミッキーが話を、ゴダイゴと野音エピソードに持っていき、セレブレーションツアーの時の雷雨(どんどん壊れていく楽器や機器と格闘しながら演奏)とか、M.O.R.ツアーのときも雨だったとか・・・(笑)
今回も全員が雨だと思ったけど、今日は晴れてよかったとかそんな話(笑

サポートメンバーの竹越君の日比谷野音90周年テーマソングのあとは、比較的おなじみの曲が多い後半へ。It's Good to be home again は、浅野氏のアコギで、タケ、スティーブ、竹越君でコーラス。
トミーメインボーカルの2曲目、Yes, I, Thank you はライブじゃなくても普通にレアな曲。そうきたかーという感じ。
デッドエンドで盛り上がったあとは、恒例のビューティフルネーム(笑)も含むヒット曲やおなじみの曲。

Taking Off - 999 の流れはよかったな。

そして、ガンダーラの前に「大事な曲やります」とタケさん。一言コーナー付Celebrationで笑かす。
Thank you Tokyo! とか、We love you とかのどさくさにタケさん「僕、少しやせたんですけど」何を言い出しますか(笑

最後のWave Good byeでは、「スティーブとお別れするための曲だったのに、今、その曲をスティーブ自身が演奏しているのは不思議。出会いの曲になったね。Hello Again?」なんてタケさんが話していると。スティーブが「もう、バイバイはしないよ」とファン泣かせのお言葉。

構成も演奏も結構よく、何よりも雰囲気がよく、楽しいコンサートでしたん。

2013.09.23

タケさんのライブに行ってきた

昨日は、この連休中、唯一の外出という感じのアムラックスでのタケさんの定期ライブに行ってきた。
なんつーか、この日はミッキーや浅野氏も出る日比谷野音の10円コンサートも重なったという・・・。お願いだからそういうファン泣かせのことはしないでほしいよなーと思うわけですよ・・・。

「タケカワユキヒデ 38周年記念公演 第3弾 僕のソングブック ~カヴァーズ part3 & MAGIC CAPSULE-1」という長いライブタイトルでわかるように、今回も前半はファンリクエストのカバーソング、後半はアルバム歌い切り。「MAGIC CAPSULE」は2枚組なので、2回に分けるらしい。

Img_1803_480x640

MAGIC CAPSULEの続きも聞かないといけないので(?)、公演開始前に次回ライブのチケ予約と、エッセイ集「タッタ君現わる」を再販というよりも、M.O.R.エッセイを完全収録+今のタケのコメ入りという超VerUPした「タッタ君ふたたび」3巻まとめて購入。

いつものようにご本人による場内アナウンスのあとに、開演。今回はトイレ休憩はさんで2部構成(笑)

前半のカヴァーズパートは、洋楽、邦楽それぞれ5曲ずつ位で全10曲位。例によって、ご本人知ってたと思ったら知らなかったとか、思ったより難しいとか、観客をドキドキさせるコメントをしながら進んでいく。1曲目からモニター用のイヤホン付けるの忘れたり、別の曲では、珍しくキーボードの舟山君からタンマ入ったりwww
そいえば、今回は舟山君もよく突っ込んでたなw

洋楽は、覚えているものとしては、「フットルース」とか、カーペンターズの「スーパースター」とか、ジョージ・ハリスンの「I've Got My Mind Set on You 」とかとか。この曲、ジョージ・ハリスンが歌ってたなんて初めて知りましたよ。(曲は知ってた)

邦楽は、「ワインレッドの心」、リハのときにはメロディが全然違っていたという「勝手にしやがれ」(本番では歌詞飛ばした程度でメロディはあっていたw)、「旅立ちはフリージア」とか、「悲しい色やね」、「心の旅」など割とメジャー路線w

ドキドキのカヴァーズパートのあとは、Magic CapsuleのDisc1。

Imitationで、スティーブのパートを頑張って歌うタケもなかなか面白いものを聞いたと言う感じw
今回の「新創世記」は凄いよかったですねー。ナレーションも再現とは驚きましたん(笑)
もちろんお気に入りのMagic Capsule ~ Joy ~ Where'll We Go From Now の流れもよかったんだけど、Lighting Man ~ 新創世記の流れもいい。

次回のDisc2も楽しみだったりする。
帰りに結局前回のライブのCDも購入。今、聞きながら、これを書いているw

※今回のアムラックスは、痛車がなかった代わりに鷹の爪団が占拠していたのだった・・・。

Img_1798_480x640

2013.08.25

栗コーダーカルテットを聞きに行ってきた

いろいろと落ち着かない日々を送ったあとに一息というわけじゃないけど、熊谷のホールに栗コーダーカルテットが来るというので聞きに行ってきた。何枚かアルバムは持っていたのだけど、ライブ行くのは初めて。いや、ご近所の会場に来たら、行くっきゃないでしょ!ということで、チケットを買っておいたのだ。

Img_1749_480x640

いで吉さんには帰りのピックアップだけお願いして、てけてけと散歩がてら20分位かけて会場に到着。そんな大きくはないけど、結構いい感じのホールで、楽しみ。お客さんは、ほぼファミリー層で、私の両隣、前もほとんど家族連れでしたん。

MCは、バスリコーダーとチューバ、口琴を主に担当している関島さんがほぼ全部。映画の紹介やら曲紹介で時々実も蓋もないことを言い出すので、場内爆笑(笑)

曲目は、クラシック、ポップスのアレンジ、オリジナル、映画の曲(おなじみのダースベイダーのテーマやジョーズとか)や、ピタゴラの曲などを織り交ぜて、途中休憩有の2時間位のコンサート。

生アンデスやクルムホルン、口琴なども聞けたのは収穫。説明が、音楽教室慣れしているなという感じで、わかりやすいのもよかった(^^)

たまにこういうのを生で聞くととても和んでいいなw
次は、ファミリーコンサート的なものじゃなくて、大人向けのライブも行ってみたいかも。

2013.07.07

タケさんのライブにいってきた

7/6(土)は、約2か月に1度のお楽しみ。タケさんのソロライブへ行ってきた。

梅雨明けであちーよと言いながら、東池袋経由でいつものアムラックスへ。駅直結の図書館の地下道からにょろにょろと歩いたら、サンシャイン→アムラックスとすずしく行けた(^^)

アムラックスに地下から入ると、今回も公式痛車展示中(^^;
でも、このアニメ知らんですよ・・・。そして、私のtwitterのタイムライン上では何故か・・・痛車のベースの車が注目されていたのだった。

Img_1680_640x480

で。タケさんのライブ行くため、いつもの会場へ。まずは次回のチケット予約をするw ←お決まり

Img_1684_480x640


今回は、カヴァーズ&M.O.R.歌い切りw
それから席に行くと、アンケートに次回カヴァーズで歌ってほしい曲リクエストとかあって、軽く頭を抱えるが、てきとーに書いておいて、本番っと。

前半はカヴァーズ、後半はM.O.R.歌いっきりw サポートキーボードの舟山君もずっと出っ放しw

セットリストは、ちゃんとそういうのをあげている人のところで見てもらうことにして(笑

ビリー・ジョエル、プレスリー、サイモンとガーファンクル、スティービー・ワンダー、シカゴなどなどが洋楽コーナー。どれも知っている曲なんだけど、私が洋楽の曲名とアーチスト名がリンクしない人なのでこれで許してもらいたいところw

タケさんは、プレスリー世代ではなかったらしいし、今回も知っていると思ったら・・・という酷い発言を連発w

邦楽コーナーは、KAN、布施明、加山雄三、千昌夫、一青窈・・・と荒木一郎・・・。
いやー、布施明は、「君は薔薇より美しい」。超がんばったw 
まさかの千昌夫、加山雄三はもうすごいよねだし。荒木一郎なんてiTuneで見つけたのがその曲を使っていたラジオ番組のオープニングで、オープニングトーク混みの音源だったとかいって、そのままやっちゃうしw
(後半も別に見つけて、ラジオ番組終わったら続き歌ってたw)
・・・それ、おかしいだろ状態w 

後半のM.O.R.はすんごいよかったです。もともとノリのいいアルバムで好きなんだけど、何かすんごく原曲の雰囲気が活かされていてノレる感じでした。

どーするんだと思っていたイントロダクションは、自動演奏+タケさん、舟山君のピアニカ(メロディオンかな?)2台体制で掛け合い!これはこれでかっこいいし、いいアレンジ!
(タケさんの鍵盤ハーモニカは、例の還暦祝いでもらった赤いヤツw)

それ以外もキーボード1つの伴奏でよくアルバムも再現してましたねー。アンコールで、three years love のときはスタンディング状態(笑)
最後は、サイツ&サイト。これまた名曲で〆。いやー、これもよかった。

次は、マジックカプセルのDisc1。ライブアルバム・・・じゃんw ということで、これまた楽しみにしていたりするわけです。

2013.04.14

タケさんのライブにいってきた

恒例のタケカワユキヒデの「僕のソングブック」ライブ。今回は、カバーズ&一人ゴダイゴコーナーは、「カトマンズ」という組み合わせ。

アムラックスで展示中の公式痛車を撮影後(笑)、ライブ会場であるホールへ。

次回ライブのチケット予約を申し込みをして・・・自分の席に着くと。

今回は、以前のライブでアンケートをとった「タケさんに歌って欲しい他人の曲」から選んだもの。会場で配られたチラシ類によると、5月にCD発売される「THE REBORN SONGS~LEGEND~」との関連性がありそ。・・・と、思ったら、邦楽の選曲はこちらのアルバムからだった(笑)

構成は、洋楽→邦楽→ひとりゴダイゴコーナー「カトマンズ」→アンコール。

合間のトークがいろいろひどいのはいつもの通り。

洋楽は、アニマルズやカルチャークラブがあるかと思えば、「ロシアより愛をこめて」を歌い、そして、モンキーズも歌う。タケの声とモンキーズは結構合うなーというのは、意外な発見w

邦楽編は、またカバーアルバム用に凝りまくるわけだが、「ルビーの指輪」「キャンディ」「異邦人」「ドラマティック・レイン」とか並べられるといつの時代のベストテン番組だ状態・・・。浅香唯に提供した曲「STAR」を聞けたのはよかった。

そして、アルバム「カトマンズ」の良さを再確認。いやー、やっぱいいわー。1枚のアルバムとしては内容が濃すぎるというか。一気に聞けてこれはかなり幸せ。

次は、7月なんだけど、その前にアサタケのストーンズの夕べが待っているので、それも楽しみ。

2012.12.09

タケカワユキヒデクリスマスライブに行ってきた

体調がよくない感じの1週間だった。
なんつーか、おなかの具合がよくない系。電車で冷えたにしても酷いし、かといって、流行のウイルス性のタイプにしては症状は軽度。木曜に1日休みをもらい、持ち直して、金曜。
たまるほど業務もなく、事務処理は1時間もかからずおしまい。あとは電話番という感じ。
昼間も調子がイマイチで、ランチは軽め。でもまあ、なんとかなりそうだし、チケットとっているから行くかと思いながら場所をチェックしていると・・・地震。

揺れ方がヤバい感じだったので、ネットで情報確認しつつ、非常扉を開けておき、退路は準備。

・・・ビルが古いんで、なんつーか、ビルが壊れるかと思う位ぐらぐら来ましたよ。免震とかじゃないのに~。
今の仕事場、一人で留守番が多いんで、退避判断も全部自分で考えるしかないんで、まーなんとも。(仕事先の人たちあてにならんし)

でまあ、電車も動いているようだったので、浦和まで行ってタケさんのクリスマスライブへ向かう。

会場に着くと、クリスマスプレゼント☆ミ チロルチョコとサイン入りのカード(^^)

Dscn6118

100人ほどの規模の会場で超こじんまりとした感じ。これはこれでいい。
ピアノと打ち込みカラオケでのライブで、結構客席参加型。すぐ歌わせる(笑

ゴダイゴヒット曲、ビートルズ特集、タケソロ曲(この日よりチャリティコンサートのテーマとかハピネスとLyenaのリメイク版とか)、クリスマス曲コーナーで、最後は、999とHoly and Brightで〆。

アットホームな雰囲気のまま終了。
浦和ということで思い出話やらいろいろトークが長すぎて、時間がおしていた(^^;
Holy and Brightは西遊記IIのテーマであり、クリスマスソングじゃないんだけど、そのタイトルと歌の内容からクリスマスソングの代わりに歌ってしまうのだ。

てわけで、体調ももったし、よいクリスマスシーズンの始まりとなったのである。


より以前の記事一覧

フォト

安心毛布倶楽部

無料ブログはココログ

snoopy.co.jp

  • SNOOPY.co.jp