旅に行くなら?

Twitter

アフィリエイト

  • ★スヌーピーグッズを楽天で探しちゃおう★

amazon

トラックバックピープル


旅行・地域

2013.03.20

香港にゃう(5) 5日目

19日は香港から帰国。といっても、帰国便は、いつもの早朝便ではなく、午後便。明るくなってから起きたよ~、寝不足じゃないよ~というわけで、シャワー浴びて荷造りを大体終わらせてから、ガイドブックで見つけた近くのカフェへ朝食へ。

マカオフェリーターミナルの向かい位の位置にある「海安珈琲」というお店。
Dscn6306_480x640

シーリングファンが回る老舗カフェのようで、店内もレトロな感じ。店頭にはパンやエッグタルトが並んでいて、パンだけ買っていく人も結構いた。
注文したのは、朝ご飯のAセット。バターをはさんだパンとマカロニスープ、カフェオレという組み合わせ。パンがほんとに美味しかった!
Dscn6305_640x480

部屋で1時間ほどゆっくりしてから、ほとんど分離帯みたいなバス停から空港行バスに乗って移動。
ANAのカウンターでチェックインしたら、時間が早すぎて、搭乗ゲートがまだ決まってなかったw でもそんなの掲示板見ればいいので気にしない。(大体つくエリアは決まってるし)

身軽になったところで、空港の許留山で〆のマンゴージュースとゼリー。ここが空いている時間に空港いるのが珍しいのでその記念っつーか(をい
Img_1498_480x640

土産物屋や免税店を冷やかしつつ、ぶらぶらとゲートに移動。
今回も奥の方にあるゲート。(到着時みたいに連絡電車乗らないだけいいけどー)
Img_1500_480x640

飛行機は定刻出発。持ってきたビブリア古書堂の最新刊を読んだりしながら、のんびり過ごす。

で、定刻より少し早めに羽田到着~。暖かい気候なのでほっとしてみたり。
バスの時間まで余裕があったので、カフェでナポリタンとか食べながら待って、バスに乗って帰って行ったのだった。

久々にすんごくノープランだったけど、その分ゆっくりできてたよかったかなという感じかな。

2013.03.18

香港にゃう(4) 4日目

朝、ちょっとだけ早起きして、昨日買ったパンとオレンジジュースで朝食。それから、お客さんへの週次レポートのデータ抽出やって、上司に確認依頼投げる。チップを置いて、出かけようとしたところで、昨日ルームメイクアップ後の忘れ物があったことを思い出し、「ありがとう。昨日、これを忘れなかった?」と一緒に置いておく。

まずは、チムサチョイのジェニーベーカリーの支店へ。中環にもあるのは知ってるんだけど、場所がよくわからんない(というか、中環行くと大体迷う)のと、そのあとチャーリー・ブラウンカフェ行きたかったのでチムサチョイの店舗にしたのだ。

覚悟はしてたけど、ジェニーベーカリーはすんごい行列だったw 開店20分前に行って、重慶マンションの階段下まで行ってるとか。。。なんだかんだで1時間弱。4種入りのSサイズを自宅用にげっと。8種入りの方は売り切れだった。こちらの方が人気あるらしい。

チムサチョイやらその近辺をうろうろしたりしてから、疲れてきたので、チャーリー・ブラウンカフェで休むことにした。漢字が似ていたので間違って、キンバリーロードの方に行ってしまい、あれー?とかやっていたら、香港ナビ見たら、キャメロンだったという(汗)Twitterでちょうどお昼休みだった友達のフォローもあり、無事到着~。ありがたし。

Dscn6251_480x640

チャーリー・ブラウンカフェといえば、ラテアート。メインのキャラクタが選べるようになってましたが、ここはやはりチャーリー・ブラウンカフェですからね。という選択w

Dscn6254_640x480

気持ちが落ち着いて、まったりしたところで、お腹もすいたので、ランチタイム。池記で、今回は水餃子麺と芥蘭のセットを食べましたん。水餃子は蝦餃子だった。

Img_1497_481x640

ついにごはんのおかずに野菜登場な芥蘭www おいしかったw

Img_1496_481x640

眠いし、レポートお客さんに送信しないといけないし、というので、一旦ホテルに戻ることにした。お手紙の成果かか、昨日なかったスリッパは復活、お水もなぜか1本多くあって、お仕事がしっかりしていたw

30分程度作業したあとに、ちょっとまったり。それから空港行バスの停留所探索がてらお出かけ。なんか分離帯みたいな歩道というすごいところにバス亭があったw 確認した後は、ご近所のマカオフェリーターミナルへ。

Dscn6272_640x480

ジェットタイプのフェリーがいたよん。かっちょええ。乗りたいw
Dscn6269_640x480

中環にいないタイプの船がいたので、撮影しまくったあと、フェリーターミナルの中探索。それから、中環→チムサチョイまでスターフェリーで散策に出かけたら、こんなお船がおりました。夕方のラッシュ時だったので、スターフェリー周辺もずいぶんお船がいた。
Dscn6288_640x480_2

夕飯はローストチキン&ごはん。これもお気に入りだったりしますよ。
Dscn6303_640x480

帰ってきて、少しまたまったりしたりしているところなのである。明日は午後便なので、珍しくゆっくりできるし、朝ご飯も食べられる。何食べようかな?とわくわく考えているところ。


2013.03.17

香港にゃう(3) 3日目

昨日と打って変わって曇り空。今日はノープランだったのでどうしようかなーと思った結果、ピークトラムに乗りに行くことにした。それはさておき、まずは朝ご飯。初めて入る大家楽。朝ご飯セットなら記号を言えばいいので、大丈夫かと思って(いや、その場で食券タイプは即断即決を求められるのでやっぱつらいのよ)
そして、やはり野菜がない(笑)
Dscn6194_640x480

トラムでてけてけ中環へ。フェリー乗り場傍のバス停へいき、バスでピークトラム乗り場へ。曇りだっつーのに結構混んでいた。30~45分程待ってピークトラム乗車。想像以上に急こう配で面白かったw

Dscn6199_640x480

でも、頂上はくもってたんだけどね・・・。ビクトリア湾方面なんてほんと真っ白だった。
Dscn6220_640x480

モールの方にいつも買っているTWO GIRLSのショップがあったんで、愛用のクリーム等を購入。そして、ランチ用に泰昌餅家のエッグタルトとパイナップルパンを買って、モールの屋上でもぐもぐ。(こちらは、無料で展望用に屋上を解放しているw)
Dscn6225_640x480

で、下りのトラムで中環に戻る。いやー、後ろ向きに下がるのね。怖いじゃんw セントラルのフェリー乗り場に、マカオ行のお船が・・・ということで、しばし撮影。(そこに船や面白い乗り物がいたら撮る)
Dscn6234_640x480

じゃあ、うろつくかと中環の街の方へ行ったら、オーガニックのイベントやってたので、しばし見学。ブラバンの行進とかもやってた。
Dscn6239_640x480

で、トラムでテケテケと上環に戻り、ウエスタン・マーケットの満記甜品で一息。このデザート屋さんもお気に入りのひとつ。ウエスタン・マーケット自体、趣きがあっていいし。今回はマンゴーの汁粉を食べてみた。幸せ♪
Dscn6243_640x480

ウエスタンマーケットからホテルへ戻る途中の乾物店に猫がいたよ。売り物の上に座っているんだけど、気にしないらしい(笑
Dscn6244_640x480

部屋で少し休んで、一息してから夕飯。上環のお店で魚丸麺を食べる。太麺だったけど、これはこれでおいしい。ミルクティもセットでついてきた。
Dscn6246_640x479

部屋に戻ってから、パッキンのリハをする。お茶とか結構買っているので意外と嵩張るのよね。何とか入りそうな雰囲気だが、もし明日ジェニーベーカリーのクッキーを買ったら入るかどうかは謎。(たぶん入るはず)

2013.03.16

香港にゃう(2) 2日目

午前中は、朝ご飯を上環の「新劉記」という茶餐庁で食べていきましたん。夕べ夜食を食べなかったのでお腹すいてたんで、がっつり(というか、てきとーに頼んだらこーなった)
Dscn6172

カップかわいいよ、カップ。
Dscn6174

そのあとは、MTRでチムサチョイに出て、重慶マンションで両替。そのあとは、裕華回って、ついでにBossiniでTシャツ買って・・・ペニンシュラでチョコを・・と思ったら、ミルク・ダーク・ホワイトチョコの板チョコがセットで入ったパックがなくなっていた。しょっくー。

ショックのあまり、ホテルに荷物置きに帰って一休み。

ランチにおかゆを食べに行くことにした。迷いながら行ったのは、「生記清湯牛腩麺家」。もう3時近かったのに並んでいてびっくらした。お粥は、もちろんおいしかった♪
そのあとは、周辺をぶらぶら。文武廟も見てきた。
Dscn6181

そのまま、湾仔のお茶屋さんへ。前は、おじさんたちが服務着で応対してくれるような店だったんだけど、今回行ったら、店構えはそのままだけど、スーツのおねーさんが片言の日本語で対応してくれるようになった。お茶の値段も少し上がった感じがする。(それでもほかの店よりは安いんだけど)
布バックじゃなくなって、洒落た紙袋になったし、ちょっと寂しいかな?

お茶を仕入れて、許留山で一休み。
Dscn6191

帰りはトラムに乗ってきましたん。これも香港島側ならではの楽しみ(^^)

Dscn6192

スーパーとか寄って、荷物を整理して、一休みしてから夕飯へ。ホテルから結構歩くかな?と思ったお店は意外と近かったということで、エビワンタンメン。
Dscn6193

で、上環の夜は早いし、まだ昨日の今日で疲れもあるので、ホテルでもうのんびりしているのだ。
明日は何するかは、明日の朝の気分しだいw


香港にゃう(1)

昨晩から香港来ていまする。今回は、昨年できたばかりという「イビスセントラル&上環」というホテル。駅からも賑やかなところからもちょっと離れてるけど、セントラルまで一駅なんで意外と気にならない。

広いとは言えないけど、結構機能的な部屋ではあります。この部屋、ダブルというか、クイーンズサイズのベッドなんだけど、二人でスーツケース広げたらたぶん狭い(笑
バスルームは、シャワーブースとトイレという形式。

Dscn6168

到着が夜中だったんで、なんか暗いなーと思ったら、ハーバービューだった。
ビルの先が海なら暗くて当たり前なわけだよ(をい
マカオフェリーポートが近いので、マカオ行きのフェリーが戻ってくるのがばっちり見えるwww

Dscn6177

ちなみに上環、夜早いっす。永楽街とかもうお店閉まっていて真っ暗だし、旺角やチムサチョイの辺りとはまた違った感じがして、それもまた面白いでつね。

2012.02.28

ふらっと台北 食べ物編

2月13~16日まで、ふらりとスヌーピーのイベント見たいしなと、台北に行ってきた。今回は、いろいろパートごとにうpということで、まずは食べ物編。

夜に到着し、ちょうど滞在していて、翌日に帰国という友だちにお付き合いいただき、魯肉飯とおつまみと台湾ビールなどで楽しい夜食。

Dscn5444_300x225

2日め。朝食は、ホテルの無料バイキングでおかゆと何品か食べて、龍山寺へ。その後、Peanutsの展示をやっているモール京華城へ行き、モールのフードコートで牡蠣オムレツをつまみ。。。

Dscn5503_300x225

ピーナッツ豆花をデザートに食べるw

Dscn5506_300x225

中国茶やスーパーなどにより、ホテルに戻ってから出直して夕飯w
台北駅のフードコートで坦仔麺。
Dscn5507_300x225

台北駅地下街で見つけたパンダハウスというカフェ&パンダグッズ屋さんでひとやすみ。ドリンクはパパイヤミルク。
デザートに台北駅の地下で見つけた謎のパンダ屋のパパイヤミルク

そして、台北駅からホテル帰る途中で、胡椒餅を仕入れて、ホテルのフリーインターネット&カフェスペースでまったりはぐはぐ(^^)
夕飯その2は、胡椒餅(^-^)/

3日目。朝は、例によってホテルのバイキング。朝から故宮博物館見物。
ランチは西門に戻り、ジャンクに継光香香鶏のスパイシーフライドチキン。ビールやサーシに合いそう!美味w
お昼は、ジャンクに西門駅そばのスパイシーフライドチキンなぞ食べながら、ひと休み

そして、デザートは、パパイヤミルクw
Dscn5529_300x225

STAY REALで買い物したり、カルフールまで散歩したりまったりした午後。

夕飯は、ホテルの向かいにあった鴨肉扁で、麺と鴨肉。これまたよしw 肉、柔らかくてうまうまw
Dscn5530_300x225

ホテルの裏にデザート屋さんがあったのをすっかり忘れてコンビニで買ってきちゃった愛玉ゼリー。これはこれで美味しかったけど、次はやはりお隣のデザート屋さんで買いたいところw
デザートは、コンビニで買ってきた愛玉。こちらもなかなかよし♪

で、翌朝はおなじみのパックのパパイヤミルクをごくごくし、初日に会った友達から貰った高雄土産のお菓子を美味しくもぐもぐして、アサイチの地下鉄で台北駅でて、バス乗って、飛行機乗って、帰ってきたのだった。
そいや、餃子食べるの忘れたよ・・・。

2012.02.14

台北にゅっと

台北にきてます。温暖で過ごしやすくてよいっすw

ホテルは一応WIFIおけのはずだったんですが、割り当てられた部屋が電波が弱く、共有の宿泊者用のフリーカフェ&インターネットエリアまでアクセスしてまつ。
あと、時折廊下とかw (つきあたりの部屋でちょっと隔離っぽい位置なので人が来ないw)

昨日は到着後ちょうど今日帰国予定の友達にお付き合いいただき、夕飯。
今日は一人で龍山寺いったり、目的の京華城行こうとして迷ってタクシー乗ったら、「大体外国人がここ言ってというときは逆方向なんだよ」と笑いながら連れていってくれましたんw


目的のスヌーピー展は、漢語と英語併記で、野球テーマのコミックとグッズを集めたエリア、シュルツさんとピーナッツの歴史の紹介、キャラクター紹介、記念撮影コーナー、グッズコーナーという感じで思ったよりもよかったですよ。
ただ、この京華城というモールの閑散さが気になったかも。
1329220897085.jpg
そのあとは、いつものお茶屋さんで買物しつつ、ひと休み。日本人の常連客っぽいおじさんと、初めて来たという女の子、そして、ご近所の日本語世代のおじいさんなどと、まったりおしゃべりなぞしてきましたん。今日は店主手作りのヌガーがお茶菓子として登場。美味しかったでつよ。

あとは、スーパーで買物したり、夕飯食べたり。パパイヤミルク飲んだり、てきとーに遊んでますw

1329220898906.jpg

2012.02.13

おためしばんこく 3 寺院巡りするのだ。(1/13)

おためしばんこく2日目の1月13日。
さすがヘブンリーベッド。7時に起きるつもりが8時になっていた。
ぐっすり寝てすっきりしたところで、まずは朝食バイキングー♪
レイトチェックアウトなので、最低限の荷造りパッキングをし、身支度して、荷物もお出かけ仕様にして、朝食バイキングの会場へ行く。オムレツやらフルーツやら食べて、幸せになったところで、紅茶を飲みながら、ルートチェック。

今日は、船に乗って、王宮、ワットプラケオ、ワットポーと、できれば三島由紀夫の「暁の寺」の舞台になったワットアルンにも行けたら行きたいといったところ。
ホテルに戻る目標は、チェックアウトが18時というのを考慮して、16時半位までにはせめて・・・かな?という感じ。

まずは、BTSの1日券をげと。今日は、たぶんこんなには乗らない気はするが、小銭に悩まされるのはイヤなのよね。乗り換え1回で、BTSサパーンタクシン駅へ行き、チャプラオエクスプレスのサートン桟橋に行く。バンコク初心者の私は、小銭がどーのと考えるよりも、ここは1日券。ツーリスト用の英語案内のある船にも乗れるチケットを購入。

てわけで、気持ちいいサバーイな船旅。
川沿いには、マンダリンオリエンタル、ペニンシュラなどいくつか5つ星ホテルもある。そういったホテルは、専用の送迎船を持っていて、これまたいい感じ。これはペニンシュラの専用送迎船。
Dscn1934_300x225


まずは、王宮&ワットプラケオに向かうべく船に乗る。
通常の路線に乗ったので、検札のおばちゃんが巡回。
観光客中心に結構混んでいる。ワットアルンが見えてくると、観光客たちが盛り上がる。船からタワーのように見えるワットアルンは、極楽浄土に向かう軌道エレベータのようで、ちょっと感動した。

ということで、王宮とワットプラケオの桟橋についたので、降りて、地図を片手にてけてけ。賑やかな市場みたいなところを通り抜けて、目の前に広大な・・・塀。
信号待ちしながら、方向を確認していると、トゥクトゥクのおじさんが「今日は金曜だからまだ開いていないよ。時間までトゥクトゥク乗って、ワットポーとか先に行った方がいいよ」とか言う。

・・・割には観光客、多いぞ?ということで、おじさんの話だけありがたく聞いて、そのまま王宮方面に行ったら、ちゃんと開いていたw

ほけほけと王宮の庭を見て、ワットプラケオのチケット売り場とか見つけたので購入。
この近辺で拾ったWifiのSSIDが"Royal"だったので、「をを」と盛り上がりつつ、ワットプラケオから見に行く。

でまー。ここからもうごめんなさい、タイの寺院なめてました・・・って感じ。
えーと、日本辺りの感覚で駆け足で1箇所1~1.5時間位で回れるくらいで、そんな大きくないだろうと思ってたら、超でかい。カメラに納まらないくらいでかい。
Dscn1953_300x225

どしたらこんな巨大建造物になるんだよ・・・と思いながら、写真撮りーの、ほけほけと建物やらオブジェやら仏像見いのと歩き回る。
そのまま王宮の方も見に行って、中にある資料館的なもの見ていたら、ここだけでもう昼過ぎてんじゃん状態。
つまり、ワットプラケオと隣接する王宮も広い・・・。
Dscn2014_300x225

王室警備のおねーさんたちがランチしているカフェに興味持ちつつ、ぶらぶらと地図を見ながらワットポーの方へ歩いてみる。チャプラオエクスプラスの船着場にして1つ分位。

船着場傍の公園からワットアランが見えた、
おお、ここからワットアランへ行く渡し舟が出ているのね。チャプラオエクスプレスのツーリストガイドには載ってないけど。。。などと確認してから、ワットポーを捜し求めてうろうろ。何か外壁工事中の寺院?と思ったら、マッサージのちらし配っていたおじさんがいて、ここがワットポーだよ。よかったらマッサージもしてねと教えてくれたのだった。

ワットポーと言えば、寝釈迦仏。チケット代に入っているお水を貰って庭や建物を見ながら飲む。ここも巨大建造物の集まり。
そして、寝釈迦仏も・・・巨大建造物。寝釈迦仏の周りをぐるぐるして、庭を歩きまわり、ここでも建物見て歩き。
Dscn2042_300x225_2

・・・でかいよ。。。というか、身体長ーい。
Dscn2045_300x225


みおわったら、もう14時半過ぎ。なにそれ・・・。やっぱりワットアラン行けなかったよ。
とりあえず、ご飯食べたいよなー。フードコートか?と思い、ワットアランを見つつ船でサートン桟橋に戻る。
ワットアランの写真は、船待ちながら撮影w 桟橋が揺れるので、写真も斜め・・・。

Dscn2074_300x217


BTSに乗り換えて、サイアムの駅で降りる。駅チカのモールのフードコートでご飯。
その後、ちょこっと買い物とかしたら16時。

とりあえず、ホテルへ戻ることにして、駅のスタンドでタイ式ミルクティなぞ買って、荷造りをがつがつして、シャワー浴びて、まったりとチェックアウトまで一休み。
チェックアウト後どこか行こうかなと思ったけど、めんどくさいので、ロビーでまったりして、旅行会社のピックアップ。

ガイドさんの導きで空港のカウンターへ。ガイドが同日程別ホテルのカップルさんのチェックインを手伝っている間に、カウンターがもひとつ空いたので、私はひとりで飛行機のチェックイン。。。

出国ゲートに入るまで見送り状態で、空港の中を見せてくれない感じなので、そのまま出国。

とりあえず、空港内のマンゴツリーでご飯食べて、まったりして、飛行機乗って帰ってきてしまったのだった。。。
次はもう少しまったりできる日程で行って、アユタヤとか見に行ってみたいところ・・・。

2012.01.26

おためしばんこく 2 がんばって観光して、スパも行く(1/12 その2)

さてさて、BTS乗って出かけたところまでが前回のお話。
ほけほけといったところは、「ジム・トンプソンの家&博物館」。BTSのナショナルスタジアムの駅から徒歩5分位。有料公開なんだけど、収益金はバンコクの盲学校のために使われているんだとか。。。

住宅街?みたいな感じのところを歩いていくと、ありましたよ。建築家にして、シルク王ジム・トンプソンの家。
入るといきなり別世界。
南国リゾートが展開されていた。

カフェとその向かいのショップの前には、池・・・。鯉泳いでいるし!

Dscn1912_480x640

家は6棟に分かれていて、たとえば食事の支度だけして、母屋のダイニングに運んで食べるとか・・・なんかレベルの違うリッチさを炸裂していた。


各家屋は、母屋にはジム・トンプソンの居室と、集めた骨董が中心。その他、タイや周辺国の美術品。あと、オフィスと、カフェ・レストランなどがうまく活用されて配置。母屋の美術品見学は、各国語のガイドツアー。日本語も選択OKで、たまたま1人で訪れていた日本人女性と2人でお話を聞きながら、美術品やジム・トンプソンのリッチな暮らしを堪能しましたん。

Dscn1904_640x480

お庭はガイドなしで、自由にお散歩可能。南国情緒というのはこれだよなーという感じです。

Dscn1916_640x480

ジム・トンプソンのロゴマークの小屋は、この邸宅の船着場の屋根とかそんなTipsも仕入れられたり。今度は、カフェでまったりしたいなー。うん。

ジム・トンプソンさんちを後にして、またBTSに乗って、移動。1日券があると、ほんとに楽。何はともあれ、BTSに乗ってしまうw
サイアムに到着し、ぶらぶら。タイの町には、あちこちに仏像が祭られている。東南アジアの仏像は、きらびやかで結構好きだ。これは伊勢丹前のもの。

Dscn1923_640x480

ぶらついている途中にモールでランチ。Nanaで、謎のパイナップル入りチャーハン食べたり、隣の駅にあるマンゴーデザート専門店のマンゴータンゴでプレートのデザート食べたり。

幸せになり、少し疲れたところで、ホテルに戻り、一息。
夕飯はさておき、スパに行くか!と思いつき、旅行会社から貰ったクーポンブックを見ると、友達から聞いて行こうと思っていたお店発見。旅行会社の現地オフィス経由で予約で、オフィスに直接行ってお願いしてもいいとのこと。場所を見ると、ホテルから歩いてすぐだったので、すぐに支度して旅行会社のオフィスへ。あと1時間位でオフィスしまっちゃうしw

ということで、てけてけと歩いて、旅行会社の現地オフィスへ。
タイ人のおにーさんにクーポンブック見せて、この店予約したいとリクエスト。コースを決めて、連絡してもらう。1時間後の予約で、同じ沿線で2つ位先の駅。近いw

ラッシュだから早めに動いたほうがいいよーとのことで、クーポン購入後そのままお出かけ。まったりとトンロー駅のアジアハーブアソシエーションへ行く。少し早めの時間だからか待っている人も女性で、もう1人位w

タイ古式マッサージ+ハーバルボール+フェイシャルマッサージのセット。
タイ古式では、肩が固すぎるとカタコト日本語で嘆かれる・・・ごめんよ。デフォルトで酷いからwww
長旅で疲れた腰と足はとても楽になった。
ハーバルボールは、ハーブを蒸して温めたものを身体にあてる温熱療法みたいなものらしい。やわらかい香りでもううとうとして眠くなる感じ。
ここまでが終わって、次はフェイシャルマッサージ。こちらもハーブベースなので、香りがいい。スチームとハー原ボールを使ったもので気持ちいい。お肌すべすべw

スパとしては、格安だったし、まだ行きたいなーなどと思い、気持ちよくなったところで、最後にロビーでハーブティを頂き、終了。終わったら、21時半w
待合室は、割とオシャレな女子向け空間にもかかわらず、おっさん度が上がっていた。おかしいw

とりあえず、ホテルのある駅に戻り、モールのスーパーでビールとつまみを購入。自堕落にだらだらと過ごし、そのまま、ぱったしと寝てしまったのだった。レイトチェックアウト万歳・・・という感じ。

2012.01.22

おためしばんこく 1 出発~チェックイン(1/11~12 その1)

おためしばんこくの食べ物編もあげたところで、とりあえずはどんなことしていたかという話を(笑)

今回は珍しく1人でもツアー。とはいうものの、直接羽田のJALカウンターにチェックインして、現地で迎えに来ているはずのHISのガイドを探せというだけなので、割とのんき。
前日に生まれて初めて使うJALのサイトでWebチェックイン。当日は、仕事してないところに夜便だったので電車で羽田へ。つい先月末まで通っていた品川から京急乗って、羽田の国際線ターミナルへ。リニューした後、初めての羽田国際線ターミナルなのでわくわく。

JALのカウンターに荷物を預けた後、荷物預かり所にバンコクではいらないであろうコートを預ける。1日200円。意外と高くないw それから、Wifiルーターを一応借りていく。パケ代青天井になっても困るし。。。

テーマパークみたいなショップ&レストラン街を眺める。このあたりの江戸なグッズは結構いいよな。
夕ご飯は、おでん屋さんのおぐ羅で、おでんとだし茶漬け定食。おでんに、茶飯をおでんのだし汁で茶漬けにして食べると言うもの。なかなか美味。
おでんとだし茶漬け定食 @おく羅 羽田空港

だらだらと、羽田をぶらついて、疲れたら、クレカで使えるラウンジで休んで、チェックイン時刻になったので、ゲートへ行く。

JALの0時過ぎ発のバンコク行き。JAL乗るのも初めてだが、バンコク行くのも初めてだ。深夜便なんて、10数年前にUS行ったのが最後www
飛行機はがらがら。一応通路側の席にしたけど、結局隣は空席だったので、1人で2人分使えたw あと、JALのタイ人客室乗務員がとても愛らしく、「近くなので、気軽にお声掛けください」とか言ってくれる。
飛行が安定すると、おにぎり or ペストリ とドリンクが配布される。・・・それを食べちゃったのもあるけど、うっかりパーソナルシステムの映画で、佐野史郎が川口教授役のはやぶさ映画を見つけてしまい、見てしまう。

・・・・・・いやー、はやぶさはだめだよ。見ちゃうから・・・・・・

で、寝不足になり、あっという間に朝食時間って・・・まだ現地時間3時とか4時じゃん・・・そこで朝食でつか?!と思いながら、べんとーと味噌汁とフルーツの機内食を食べる・・・。胃もたれ・・・。

到着も時間通り。まだ朝5時ー。トイレよって、イミグレ通って、荷物引き取って、両替して・・・で、旅行会社の旅程案内の紙に従い、担当者を探して、合流。現地での予定とクーポンブックをもらう。やったー、翌日もレイトチェックアウトだ!
ガイドいわく、だめもとでホテルにアーリーチェックインできるか聞いてくれるという。よいねー。
もともと、チェックインできない前提で予定を立てていたけど、入れるならとてもうれしい。

ピックアップは、私を入れて、2組。もう一組は、別のホテルに宿泊するというご夫婦。バス車内で、ご主人がわくわくしていて微笑ましいw

私のホテルの方が先着だったので、「よい旅行を!」と交わして、下車。ここで7時。
ホテルは、いつもよりも贅沢した。初めての国であったのと、弾丸ツアーというのもあり、1人追加料金入れても7万未満なので、快適さを選んだのだ。
ガイドとフロントに行くと、日本人のおっさんがフロントのおにーさんを困らせている。ちょうど日本語ができるスタッフがいない時間らしい。

私のガイドをみて、日本語できるの?と聞いてきて、通訳を頼んできた。どうもゴルフの集合時間だけど、部屋にいないのか、寝ているのか連絡つかないから、先に行っている と伝えて欲しいと・・・。その話を私のガイドが通訳・・・。フロントのおにーさんがメッセージ用紙を出して、書いて欲しいと頼むと、口頭で伝えておいてと言って去ろうとする・・・。

ガイドが止めるのも聞かないので、そのまま去ろうとするおっさんに対して、つい私が口挟んだ。「彼、日本語できないのに、そんなこと口頭で言われたって伝えられません。ちゃんとここで書いていってください。」
で、おっさん、やっとメッセージ用紙に伝言書いて去っていった。呆れるガイドと私・・・。フロントのおにーさん、お礼を言いつつ、チェックイン対応してくれる。ガイドがアーリーチェックインできるか?と聞いたら、8時頃に入れるとのこと。つまり、1時間位暇つぶせばいいらしいw

承諾して、ガイドと別れ、荷物をクロークに預けてぶらぶら。コンビニみたり、そばにある市場を覗いたり、ぶらぶらしまくると、1時間位すぐ経つ。BTSの駅も、ショッピングセンターも近いので、なんかあっても安心だというのを確認。

8時になったので、チェックインして、部屋へ入る。

Dscn1892_640x480

思ってたよりすんごい広いぞー。しかも、朝8時から、明日の18時まで使えるのかー。シャワーを浴びて、着替えて、洗濯して、予定を組み替えることにする。今日行こうと思っていたカフェはとりあえず諦めて・・・とか。

うう、ヘブンリーベッドなので、寝ちゃいそうw と思いつつも、何せ弾丸ツアーなので、がんばって、荷物詰め替えて、降りるBTSの駅を確認して、お出かけなのだ。たいていのところは、BTSの同じ沿線か、1回乗り換えで行けるらしい。地下鉄の方は使う機会がなさげな感じだ。

まずは、BTSの駅で1日券を買うところからっと。おお、意外と英語表記がある!助かったぞ。(全部タイのぐるぐるした文字だったらどうしようとおびえていた)
ということで、1日券を入手したところで、BTS乗ってやっと観光に出発なのです。。。

Dscn1932_640x480

てわけで、今回の旅日記は初めての国なので、細かいですw

より以前の記事一覧

フォト

安心毛布倶楽部

無料ブログはココログ

snoopy.co.jp

  • SNOOPY.co.jp